2020年3月2日 改訂


セミナー 等


2020年

中止

COVID-19 ウィルス感染が拡大しているため、国際シンポジウムは中止にします。

参加費は参加申込者に直接返却いたしますので、日本聾唖史研究会の事務局からの連絡をお待ちください。

 

際シンポジウム 『朝鮮総督府済生院盲唖部における唖教育と手話』

2020年2月23日 (日) 13:00 ~ 17:00 大阪国際交流センター(小ホール)

詳細はこちらへ 

 

13:00-13:30 末森 明夫(日本聾史研究会)「東アジア聾唖教育史における朝鮮総督府済生院盲唖部の布置」

13:35-14:05 呉 栄峻(韓国デフ・メディア世話人)「李氏朝鮮時代の聾唖教育成立準備に関する考察」

14:10-14:40 姜 主海(韓国手語学会会長)「韓国聾唖社会における済生院の貢献」

14:55-15:25 岡本 洋(関東聾唖史研究会 会長)「朝鮮盲唖協会 (済生院盲唖部長田中藤次郎) の三部作を中心に」

15:30-16:00 崔 相焙(公州大学校・元韓国手語学会会長)「韓国手話・北朝鮮手話・日本手話の語彙統計論的比較」

16:05-17:00 全体討論


2018年



2017



2016



2015



2014



2013

手話学セミナー in 関西

2013年11月23日(土・祝)

大阪市東淀川区民会館

 



2012

第1回手話言語記述法研究会

2012年6月2日 タワーホール船堀

第2回小研究会:東海地区の手話学

2012年12月8日 豊田工業大学

第3回手話言語記述法研究会

2012年12月16日 タワーホール船堀



2011



2010年以前

• 特別セミナー Diane Lillo-Martin先生を囲んで (2007/2/24)

• 特別セミナー Susan Fischer先生を囲んで (2006/6/24)

• Liza Martinez博士 研究ワークショップ (2005/6/12)

• 話学セミナー・TISLR8参加報告会 (2005/1/14)

• 手話学セミナー(小研究会)(2004/9/11)

• 手話学研究者養成セミナー合宿 (2004/3/27-28)

• 手話学セミナー (2003/6/21)

• 小研究会「コピュラ(繋辞)をめぐって」

• 手話学特別セミナー

 

特別セミナー Diane Lillo-Martin先生を囲んで

手話の言語獲得の生成文法の立場からの研究等 で名高いリロ=マーティン先生(コネチカット大学)が名古屋の南山大学言語学部の招きで来日されるのを機会に、日本 ASL協会のご協力を得て、手話言語学の最先端の内容について専門的なお話をいただきました。併せて、同大学院 博士課程に在学するろうのサンドラ・ウッドさんより、現在の研究内容について、報告を頂いて、議論を行いました。

開催概要

日時:2007年2月24日(土) 11:00~16:00

会場:日本ASL協会事務所

内容:

1. 「手話の言語獲得(予定)」ダイアン・リロ=マーティン氏(コネチカット大学)

2. サンドラ・ウッド(同大学院博士課程)

3. 「日本手話の文意とリズム」田中紗織(千葉大学大学院)

主催:日本手話学会

後援:日本ASL協会

 

特別セミナー Susan Fischer先生を囲んで

2006年6月24日に国立身体障害者リハビリテーションセンター学院で開催いたしました。

開催概要

日時:2006年6月24日(土) 15:00~17:00

場所:国立身体障害者リハビリテーションセンター学院(埼玉県所沢市:地図) 5階通訳演習室

講師:Susan Fischer先生

テーマ:"Cross-linguistic perspectives on sign language structure: emphasis on Asia"

「手話の構造についての比較言語学的観点からの考察:アジア地域を中心に」